top of page
  • 執筆者の写真Kouyou Miyazaki

詩讃羔羊  千字文より

しさんこうよう

しは、こうようをたたえたり

詩経では、周の国の羔羊という人が高官でありながら、節約家であったことをほめたたえている



閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page