top of page
  • 執筆者の写真Kouyou Miyazaki

朧月夜 半切に


菜の花畠(ばたけ)に、入り日薄れ

見わたす山の端(は)、霞(かすみ)ふかし

春風そよふく、空を見れば

夕月(ゆうづき)かかりて、におい淡(あわ)し


里わの火影(ほかげ)も、森の色も

田中の小路(こみち)を、たどる人も

蛙(かわず)のなくねも、かねの音も

さながら霞(かす)める、朧(おぼろ)月夜

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page