top of page
  • 執筆者の写真Kouyou Miyazaki

徒然草 第19段


もののあはれは秋こそまされと人ごとにいふめれど、それもさるものにて、今一きは心もうきたつものは、春の気色にこそあめれ


「もののあはれは秋がまさっている」と誰もが言うようだが、それも一理あるが、今ひときわ心浮き立つものは、春の風物でこそあるだろう。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page