top of page
  • 執筆者の写真Kouyou Miyazaki

徒然草 序文

兼好法師の徒然草の序文を寸松庵色紙の雰囲気に。

心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。 [意味] 心に浮かんでは消える他愛のない事柄を、とりとめもなく書きつけてみると、妙におかしな気分になってくる。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page